2014年05月24日

『コルバトントリ』山下 澄人

By 山下 澄人
※↑の画像をクリックで拡大表示

商品の詳細

  • Amazon.co.jp ランキング: #492961 / 本
  • 発売日: 2014-02-10
  • 版型: 単行本
  • 107 ページ
おすすめ度

価格リスト

Amazonで買う 価格: ¥ 1,404
楽天ブックスで買う 価格: ¥ 1,404
セブンネットで買う 価格: ¥ 1,404
hontoで買う 価格: ¥ 1,404
e-honで買う 価格: ¥ 1,365
※表記している価格は調査時点のものです。購入前には必ず価格をご確認ください。

内容紹介

「ぼく」を通して語られる、いつか、どこかで暮らしていた人々の物語。おばさんは幼い頃、「ぼく」の母親が窓から捨てた油で顔に消えない痕がのこるが、のちに、刑務所に入った父親、交通事故死した母親のかわりに「ぼく」をあずかる。幼馴染みたち、アパートの飲んだくれのおじさん、月を見張っているおじいさん――。富とは無縁の人々を、静かな雨が包み込む。「永遠」にめぐる世界を閉じ込めたかのような奇跡的中編。

内容(「BOOK」データベースより)

父は入院している。母は車にはねられて死んだ。ぼくはおばさんと暮らしている。ある日少年は父親の見舞いに出掛けた。不良の中学生、子鹿のような女の子、月の番人…やがて子供の姿の父と母に出会う。生者も死者も人間も動物も永遠を往還するー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山下 澄人
1966年、神戸市生まれ。富良野塾二期生。1996年より劇団FICTIONを主宰、作・演出・出演を兼ねる。2012年、書き下ろし小説『緑のさる』で第34回野間文芸新人賞を受賞。2011年に創作ユニット「YAMASHITA SUMITO+59」を立ち上げ、札幌での演劇ワークショップ「Lab」など、様々な活動を行っている

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー



【山下 澄人(やました すみと)の最新記事】
posted by 受賞本紳士 at 17:10 | TrackBack(0) | 山下 澄人(やました すみと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。