2013年09月26日

『ゴドーは待たれながら』 いとう せいこう

By いとうせいこう,ケラリーノ・サンドロヴィッチ
※↑の画像をクリックで拡大表示

商品の詳細

  • Amazon.co.jp ランキング: #91896 / 本
  • 発売日: 2013-07
  • 版型: 単行本
  • 220 ページ
おすすめ度
1 カスタマーレビュー

価格リスト

Amazonで買う 価格: ¥ 1,600
楽天ブックスで買う 価格: ¥ 1,600
セブンネットで買う 価格: ¥ 1,600
e-honで買う 価格: ¥ 1,600
※表記している価格は調査時点のものです。購入前には必ず価格をご確認ください。

内容紹介

私たちはいつも待っている。救済を、恋を、死を、正義を。待つことの傲慢を暴き、<行こう>と迫る、いとうせいこうの伝説的戯曲の復刻。解説/大澤真幸。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

サミュエル・ベケット著「ゴドーを待ちながら」をもとに、待たれているゴドーに焦点を当てた、いとうせいこうの伝説的戯曲。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、 4 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
 ジ・アザー・サイド・オヴ・「ゴドーを待ちながら」

タイトルからも察しの通り、サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」のパロディ。待たせているゴドーの視点から描かれています。誰を待たせているのか、いつどこで待たせているのか、やはり明らかにされません。そういう意味での閉塞感というか終末観は原作と同様ですが、原作の登場人物が二人なのに対して、こちらは一人芝居なので、反復による執拗さは原作以上かもしれません。



posted by 受賞本紳士 at 07:40 | TrackBack(0) | いとう せいこう(いとう せいこう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。